一行書評

様々な本のエッセンスを、ずばり一行でまとめています。

ハリー・ポッターと呪いの子

一行書評 

【ハリポタ本編のキーパーソンはやっぱりネビルだった】

 

ハリー・ポッターと呪いの子」読み終わりました。
ネタバレしますので、ご注意ください。

まず、戯曲形式だったのに驚きました。
ロンドンで、2016年7月30日から上演されている舞台の台本なんですね。
セリフとト書きだけの構成なので、慣れない方には読みにくいかと思います。

アルバス パパ……

アルバスが父親のローブを引っぱる。ハリーが息子を見下ろす。

     あのね——もしも僕が——もしもスリザリンに入れられたら……。
ハリー  そうなったら悪いかい?
アルバス スリザリンは蛇の寮だ。闇の魔術の…勇敢な魔法使いの寮じゃない。
ハリー  アルバス・セブルス、おまえはホグワーツの二人の校長先生の名前をもらった。
     一人はスリザリン出身だが、父さんが知っている中で、おそらく一番勇敢な人だった。

ハリー・ポッターシリーズのラストの部分で、今回のお話の冒頭の部分でもありますが、
このような形式で書かれています。

私はアガサ・クリスティの「ねずみとり」などの戯曲でこういった形式に慣れているのですが、
読みなれていない方は登場人物への感情移入が難しいかもしれません。

さて、ほとんどの方の予想通り、アルバスはスリザリンに組み分けられます。
そして、上記の場面ではドラコ・マルフォイもホグワーツ特急に乗り込む子供の見送りに
来ていたことからも推測できるように、ドラコの子供も登場し、そして予想通り二人は友達になります。

そう、「ハリー・ポッターと呪いの子」はハリーとドラコの子供たちが主人公のお話なのです。
この二人が事件を起こしてしまい、トラブルを収めようと奔走するのですが、その過程で
いくつものパラレルワールドが作られてしまい、様々な if が現実になってしまうのですが、
それが私のような本編ファンにはとてもたまらない内容なのです。

思いつくままに列挙してみますと…

・スネイプ先生が生き残る世界!
・ロンとハーマイオニーが結婚しない世界
 ver.1 ロンが他の女性と結婚
 ver.2 ロンもハーマイオニーも結婚していない
・ヴォルデモートとの戦いで、ネビルが勝敗を分ける要であったことが判明!

そうそう、タイトルの「呪いの子」ですが、旧作の終わり方から考えると、
1.「19年間ハリーの額の傷は痛まなかった」という書き方からして、
  ヴォルデモートの一部はハリーの中に生き続けていて、
  とりあえず19年間は眠ったままである。
2.「呪いの子」というタイトルからして、ハリーの中のヴォルデモートが、
  ハリーの二男(アルバス)にも引き継がれた?
3.アルバスの中のヴォルデモート覚醒!

という流れを想像していたのですが、アルバスは「呪いの子」ではなかったというのが私の解釈です。
まあ、彼は生まれ、というより偉大すぎる親を持った自分自身を呪ってはいたようですが。

 

 二行書評 〜もう1行付け加えるなら〜

【マルフォイ親子が恋愛に対して一途すぎるw】

個人的に一番ツボだったのが、ここw
マルフォイ親子が恋愛に対して一途すぎるw

本作の主人公の一人、スコーピウスは、ロンとハーマイオニーの娘、
ローズに片思いをしていて、ローズに嫌われようと、めげずにアタックし続けます。

ドラコも、アストリアという女性と結婚します。
アストリアは、旧作での記憶がないのですが、どうやら同級生の妹だったらしいですね。

アストリアは血の呪いで身体が弱かったのですが、ドラコはそれを承知で彼女と結婚します。

あの、純潔の血筋を何よりも誇りに思っていたドラコが、
「マルフォイ家の血筋が絶えても構わない」とまで言い切るのです!

アストリアもまたドラコを深く愛しており、ドラコのために息子を生み、
数年後に亡くなります。

しかしアストリアは——マルフォイ家の家名とか、純潔とか、
栄光のために子どもが欲しかったのではない。

アストリアは、初めから、長くは生きられないと知っていた。
自分がいなくなったあと、誰かが私のそばにいることを願った。
なぜなら……ドラコ・マルフォイであることは、たとえようもなく孤独なのだ。

ドラコ、いいやつ過ぎる!
他の場面では、ハリー相手に苦手な世間話をするシーンもあり、そこで彼は
クィディッチの選手になりたかったこと、しかし実際には下手であったこと、
彼自身はずっと幸せになることを望んでいたことを話すのです。

旧作ではアンチヒーロー一辺倒だった彼の、思いがけない情熱、
思いがけないささやかな望みが明らかになります。

旧作は、読了するとスネイプの愛の物語であることが明らかになりますが、
こうした描写は、ローリングさん、うまいですよねー

赤を身につけるとなぜもてるのか?

一行書評

【男でも女でも、とりあえず赤を味方につけろ!】

 

「もて指南」のような軽い題名ですが、著者はイスラエルのテルアビブ大学の心理学の教授。
内容は、数々の実験で理論が裏付けられた、まっとうな心理学の本です。

でも、題名と同じく、中身も面白い!

女性の場合、赤を身につけると、性的魅力が増して見えるそうです。
男性の場合は、支配性を増大させるとか。
そのことを意識してか否か、アメリカの政治家って、赤いネクタイのイメージが強いですよね。
そういえば、「◯◯レンジャー」シリーズのリーダーといえば、必ずレッド!
子供の頃は、男のくせになんで赤なんだろう?と思っていたのですが、支配性の色なんですね。

こんな感じで、赤(色)、温度、手触り、重さ、光などなど、私たちが5感で感じる
感覚と真理との意外な繋がりを、紹介しています。

興味深かったのが、「温度」の項。

「温かい人」「冷たい人」などと表現したり、孤独を「冷たい」とイメージしたりしますが、
実際に物理的に温かかったり冷たかったりという感覚は、対人関係の評価に影響するのだそうです。

例えば、コーヒーのカップをもたせた後、その人物の評価をさせると、
ホットコーヒーのカップを持った人はその人を温かい人と評価し、
アイスコーヒーのカップを持った人はその人を冷たい人と評価したそうです。

逆もまた真なり、で、孤独を感じる人は、周囲が暖かくても、体感温度が冷たいのだとか。

そういえば、職場でうつを患って休職している人がいるのですが、休み始める直前、
暑い事務所でも上着を着て仕事をしていました。。。

 

二行書評 〜もう1行付け加えるなら〜
マクドナルドの咎】

映画『スーパーサイズ・ミー』では、1日に3回・30日間、マクドナルドの
ファストフードだけを食べ続けたらどうなるか?を監督であるモーガン・スパーロック
自ら実践したドキュメンタリーです。

30日後、体重は11kg、体脂肪率は7%増加した上、躁うつ、性欲減退、肝臓の炎症を
発症という、予想を上回る衝撃の結果となりました。

こうした健康上の害は、マクドナルドをはじめとするファストフードを食べなければ
影響はありませんが、実は、ファストフードの悪影響は、ロゴを見るだけで生じるのだそうです。

「時間割引率」という言葉をご存知でしょうか?

将来のお金の価値がいまならいくらなのか、将来の価値を現在に換算するときに
用いる率(レート)のことを「時間割引率」といいます。

例えば、
「1年後に1万1000円もらうのと、いま1万円もらうのと、どちらを選ぶか」
と聞かれて、今すぐもらう方を選ぶ人は、時間割引率が高い人です。

時間割引率が高い人は、将来のリスクを過小評価します。
例えば、禁煙が体にいいことは誰もが知っていますが、時間割引率が高い人は、
今、身体に異常がないからとタバコを吸い続け、将来病気になる確率が高くなってしまう
傾向にあります。

お金を今すぐもらえるか、後で割り増しされたお金をもらうか選ぶ実験では、
ファストフードを連想させるもの(ロゴなど)を見せるだけで被験者たちは、
時間割引率の高い行動、今すぐお金を欲しがったそうです。

経済的なことで時間割引率が高い行動とは、今あるお金を全て使ってしまい、
貯蓄や投資をしない、ということです。
ファストフードのロゴを見るだけで、こうした悪い影響を及ぼすとは、
恐ろしいことだと思います。

脳を鍛えるには運動しかない!

一行書評

【運動は正義だ!!!】

 

これでもか!というほど運動が脳に良いことが、実例や研究結果と共に書かれています。

・運動をさせた子供は成績が上がる
・運動すると35%も脳の神経成長因子が増える
・運動することでストレスやうつを抑えられる
・運動で5歳児のIQと言語能力には大きな差が出る
・運動する人は癌にかかりにくい
・運動を週2回以上続ければ認知症になる確率が半分になる

とにかく分厚い(345ページ!)上、運動が脳や心に良い様々な実例が次々と紹介されてくるので、
「…分かった、とにかく運動すればいいんだね^_^;」という気持ちにさせられます。

本を読むのをやめて運動に向かわせるため、あえてこのような作りになっているのかもしれませんが^_^;

とにかく、「じゃあとりあえず運動しとこうか」とは思わせてくれる本です。

 

二行書評 〜もう1行付け加えるなら〜
【とりあえず、できることから始めてみよう】

 

運動が脳にいいことは分かりましたが、では実際、どのくらいの運動をどの程度すればよいのでしょうか?

有酸素運動を週に6日、45分〜1時間
そのうち4日はジョギング程度の中強度の運動を長めに、
2日はランニング程度の高強度の運動を短めに

というのが答えですが、現代人はあまりにも身体を動かさないので、本当のところはもっと運動してほしいようです。

とはいえ、ジョギングを週6日45分以上ってハードルが高いですよね?
少なくとも、私には無理です。

大多数のアメリカ人にとってももちろん無理な要求なので、著者は、できることから始めることを勧めています。

お昼休みに会社の周りをウォーキングしたり、エレベーターを使わずに階段にしたり、
駐車場では遠いところに止めたり。。。

ささやかでも、やればやっただけ効果が表れるそうです。
効果が実感できれば、運動しようというモチベーションが生まれ、運動することにより、さらに効果が出る。。。
という好循環が起こるはずなので、わたしも今日から運動を始めようと思います。

 

 

 

 

失敗の科学 失敗から学習する組織、学習できない組織

一行書評

【成長には失敗が欠かせない】


著者は、引退前年のベッカムにインタビューをしています。

「私のフリーキックというと、みんなゴールが決まったところばかりイメージするようです。でも私の頭には、数え切れないほどの失敗したシュートが浮かびます」

バスケットボールの神様、マイケル・ジョーダンもナイキのCMで言っていたそうです。

「私は9,000本以上シュートを外し、ほぼ300試合で負けた。ウイニングショットを任されて外したことは26回ある」

彼らの思考は、「失敗をしてもいい」でさえなく、「失敗が欠かせない」のだそうです。

彼らの思考は、「成長型マインドセット」と呼ばれるそうです。
知性も才能も努力によって伸びる、と考えるため、ちょっとぐらい失敗しても、失敗を成長に欠かせないものとして受け止め、失敗から学んだことをフィードバックし、根気強く努力を進めるのだそうです。

一方、失敗を嫌悪する人たちの思考は、「固定型マインドセット」と呼ばれ、知性や才能はほぼ固定的な性質だと捉えているそうです。
そのため、ちょっと失敗するとすぐに「自分に才能がない証拠」と受け止め、改善や努力を止めるため、成長しないのだそうです。

陶芸クラスで行われた実験も紹介されています。

ある陶芸クラスを2つに分け、一方は作品を「量」で評価し、一方は作品を「質」で評価すると告げました。
すると、全作品中最も「質」の高い作品は、「量」のグループであったそうなのです。

量のグループは、実際に作品を次から次へと作って試行錯誤を重ね、粘土の扱いも上手くなっていった。しかし質のグループは、最初から完璧な作品を作ろうとするあまり頭で考えることに時間をかけすぎてしまった。結局後に残ったのは、壮大な理論と粘土の塊だった。

ある心理学者は、完璧主義に陥りやすい「質」至上主義の人のために、次のようなポリシーを持つことを勧めているそうです。

「すばらしいミュージシャンになるために、まずひどい曲をたくさん演奏しよう!」
「強いテニスプレーヤーになるために、まずたくさん試合に負けよう!」
「エネルギー効率の良い設計やミニマリズム建築(極限的にシンプルな美を追求した建築)で第一人者と言われる建築家になるために、まず非効率で野暮ったい建物をデザインしよう!」

わたしも、この言葉に励まされて、この書評ブログを始めました。
わたしの文章は意味不明で、分かりにくいかもしれませんが、まずは始めてみることにします。
量をこなすうちに、読者の方のお役に立つ記事が書けるようになることを祈りつつ・・・

 


2行書評 〜もう1行付け加えるなら〜

【犯人探しは百害あって一利なし】

 

著者は、イスラエル軍による民間機銃撃事件、イギリスの幼児虐待死事件、最悪のニアミスと言われる航空機事件のノベンバー・オスカー事件を例に、直感による犯人探しと魔女狩りの危険性を説きます。

私たちは何か事件が起こるとすぐに、誰が悪いのか断罪する傾向にありますが、背後を深く探って事実を突き詰めてみると、誰も悪くなく、不運やミスがたまたま重なっただけ、ということが往々にしてあります。

スケープゴードに罪をなすりつけると、私たちは安心しますが、それでは失敗から学べない、と著者は説きます。

「失敗の科学」ではたびたび航空業界が例として取り上げられていますが、この業界は他の大多数の業界と異なり、何か不測の事態が起こると、その原因を徹底的に調査し、結果を公表することが徹底されています。
そのため、飛行機事故が多かったのですが、2013年には30億人の人が飛行機に乗りましたが、亡くなったのはわずか210人のみだそうです。

その裏には、失敗データを集める仕組みと、失敗した人を責めない仕組みがあるそうです。

パイロットはニアミスを起こすと報告書を提出しますが、10日以内に提出すれば処罰されないとか、飛行機が設定した高度などを逸脱すると自動的にエラーレポートが送信されますが、データからは操縦士が特定されないようになっているなど、失敗を報告しても処罰されない風通しの良い風土が重要なのですね。