一行書評

様々な本のエッセンスを、ずばり一行でまとめています。

夕凪の街 桜の国

一行書評
【「これから貴方が豊かな人生を重ねるにつれ、この物語は激しい結末を与えられるのだと思います。」】


作者のこうの史代さんのあとがきです。
こうのさんは「この世界の片隅に」でもそうでしたが、ふんわりとした画風にもかかわらず、重い現実を描く漫画家さんです。
「夕凪の街」は10年前に原爆に遭った女性が主人公です。
こう書くと結末はご想像できると思いますが、ほんとうに理不尽な結末です。
いつもふんわり微笑んでいる皆実(みなみ)。
そんな彼女は、ときどき妙につっけんどんになったり、怒ったりします。
それは、幸せになろうとしている時。
10年前の「あの日」がフラッシュバックして、幸せから目を背けてしまうのです。
そんな皆実がようやく幸せをその手に掴もうとした時。
彼女はいったんはその幸せを拒絶しますが、勇気を出して幸せに手を伸ばします。
その時、過去の亡霊たちに捕まってしまったように、私には思えました。

 

二行書評 〜もう1行付け加えるなら〜

【同い年の被爆二世がいるなんて、考えたこともなかった。。。】
「桜の国」は、「夕凪の街」の続編で、1987年と2004年の東京を舞台としています。
皆実の弟「旭」の子供の、「七波」が主人公です。
旭は疎開していたため原爆には会いませんでしたが、七波の母親は赤ちゃんの時に被爆しています。
七波は2004年に28歳とありますから、1976年生まれです。
私は1972年生まれですから、私よりも年下になるわけです。
私の母は戦後生まれでしたので、うっかり者の私は、被爆二世の方々は、私より随分年上の方だと思っていました。
祖母の友人の旦那さんが被爆者であり、そのお子さんが母と同い年だったこともあるかもしれません。
ですが、私が生まれたのは終戦わずか27年後。
被爆当時0歳だった方は27歳。
当然私より年下の被爆二世の方が大勢いらっしゃるわけです。
そのことに思い至らなかった自分自身に愕然としました。

スタンフォード式疲れない体

1行書評
【お腹を膨らませたまま息を吐くといい、らしい】


お腹を膨らませたまま息を吐く「IAP」呼吸を行うことにより、体の中の圧力が高くなり、体の中心(体幹と脊柱)が安定するそうです。
すると、中枢神経の通りが整い、無駄な動きや筋肉の負担が減って疲れにくくなる、という理屈とのこと。
オリンピックメダリスト多く輩出しているスタンフォード大学のトレーナーが著者ですので、科学的エビデンスは確認済みと思います。

やってみると意外と簡単にできました。
ただ、この呼吸法を無意識にできるようになるには、かなり時間がかかると思います。
アスリートではない私たちには、5秒吸って5秒吐く「IAP」呼吸を、1日1回行うだけでも効果があるとのこと。
これは心強いですね。

 

 

二行書評 〜もう1行付け加えるなら〜

【「まだ、~でない」と考えよう】


2つ目のポイントは、マインドセットです。
「疲れない体」作りには、「疲れない思考様式」も重要です。

私たちはできない理由を探す天才です。
もう年だから、お金がもっとあったら、もっと時間ができたら、等々「やらない理由」ならいくらでもあります。
でも、「まだ、~でない」と考えることにより、「自分には無理だ」と諦めず「まだ自分には難しい」と、考えを切り替えることにより、「目標に向かって何ができるだろう」と、目標に立ち向かう力が出てきます。

私も、この1行書評のブログを始めるにあたり、ずいぶん悩みました。
「私には文章の才能もないし、本を読む時間もないし、私の書評を読んでくれる人がいると思う思えないし、、、」
でも、
「私には、まだ、わかりやすい文章を書く力は無い」
「私には、まだ、本を読む時間はない」
「まだ、私の書評を読んでくれる人はいない」
と考えるとどうでしょう。

訓練や場数によって、文章はこなれてくるでしょう。
多くの本読む時間はありませんが、すきま時間になら本を読むことができます。
今はまだ、私の書評ブログを読む人はいないかもしれませんが、内容が充実していれば、読者さんがついてくれるかもしれません。

「できない理由」ではなく、「するための理由」が心の中から湧いて出てきます。
心の健康のためにも、この考え方はお勧めです。

会社をやめてもいいですか?

1行書評
【会社を辞めてもいいんですね?】

 

会社を辞めて自分の道を進む女性たち。

選んだ道は様々です。

フリーランスや起業、ゲストハウスオーナー、大学院での学び直しや、専業主婦など。

特に印象的だったのは、不妊治療をするために会社をやめた方と、出産を機に専業主婦になった方。

専業主婦VS共働き論争なんてものがありますが、自分で主体的に専業主婦を選び、それに誇りを持っているのなら、他人がとやかく言うことはないのだなと思いました。

私は会社員ですが、会社って辞めてもいいものなのだ、と、勇気付けられる思いがしました。

 

 

二行書評 〜もう1行付け加えるなら〜

【…とはいえ、一家の大黒柱の方は紹介されてないよね】

 

本書は様々な立場の女性に取材しています。

子供がいたり、独身だったり、夫婦二人暮らしだったり。。。

でも、家族持ちの方は皆、一家の大黒柱がパートナーの方なんですよね。

女性の方が家計を支えている例は、ありませんでした。

独身のお一人を除いて、配偶者がメインに稼いでいるような印象を受けました。

ほとんどの女性がパートナーより収入が低いという現実を反映はしていますが、せっかく自分らしく生きる道を選んだ女性を紹介しているのですから、自分らしく、しかも収入もしっかり得ているロールモデルを示して欲しかったです。

そうでなければ、「やっぱり夢と収入はトレードオフなのね」というメッセージを与えかねません。

 

図解!! やりかた大百科

1行書評
【モヒカンにするには】

 

この本には、「トイレの詰まりを直すには」といった実用的な内容から、「ビデの使い方」や「サクランボの茎を口の中で結ぶには」といった、そーいえばそれってどうやってするのか疑問だった!というもの、「緊急時用のラジオの作り方」「雪のほら穴の掘り方」(高い位置に寝台を作り床を深く掘ると冷たい空気が底に沈むらしい)といった、まさかの時に役立つ(かもしれない)サバイバル術まで「大百科」の名に恥じない様々な内容が、ポップなイラストと最小限の言葉で説明されています。

とは言ってもネットで何でも調べられる世の中、疑問があったらなんでもネットで解決するのですが、「モヒカンにする方法」は私の検索能力では見つけることができませんでした。
「ソフトモヒカン」ならいくらでも見つかるのですが、ガチのモヒカンは見つかりませんでした。
もっとも現実にガチのモヒカンにする人などそうそういないでしょうしね。
著作権に触れるとあれなので、私の下手なイラスト載せておきます。

 

f:id:itigyoushohyou:20180826150116j:plain

 

二行書評 〜もう1行付け加えるなら〜

【アリの巣の観察をする場合は、大小2つの瓶を使うべし!】

 

小学生の頃、アリの巣の観察をしたくて、透明な瓶に土とアリを入れてみました。

残念ながら小学生の思いつきだったので、働きアリを十数匹(少なっ)入れただけだったので、巣を作ることもなかったのですが、その時ふと、「巣を作っても見えないよね?」と思った記憶があります。

 

最近はアリの巣観察キットが売られていて、土を入れる容器が薄かったり、そもそも土ではなくて透明なゲルみたいなもので巣を作らせるので透けて見えたりと、隔世の感がありますが、昔ながらの手作りでアリの巣を観察したいのなら、やはり巣を直接見えるようにする一工夫が必要なようです。

 

透明な薄い容器があれば一番簡単なのでしょうが、ない場合は、

1.高さが同じで大きさが異なる瓶を用意し、1本をもう1本の中に入れ、大きい方の瓶の蓋に穴を開けて空気穴とします。

2.大きい瓶と小さい瓶の間の隙間に土を入れます。

3.アリの巣を見つけ、働き蟻、女王蟻、卵を捕獲し、2の隙間にいれます。

4.水を含ませた脱脂綿と、ハチミツに漬けたパンくずを餌として与えます。

5.瓶のまわりを紙で覆うと、アリたちは地下だと思って活発に動き、巣をつ作ります。

 

さすが海外、と思ったのは、3のアリを捕獲する工程の注意点として、「アカヒアリ(殺人アリ)は選ばないよう注意!」と書かれていたこと。

アカヒアリ(=ヒアリ)は昨年日本で見つかって大騒ぎになりましたが、やはり海外でも恐れられているのですね。

スタンフォード式疲れない体

一行書評
【お腹を膨らませたまま息を吐こう】

お腹を膨らませたまま息を吐く「IAP」呼吸を行うことにより、体の中の圧力が高くなり、体の中心(体幹と脊柱)が安定するそうです。
すると、中枢神経の通りが整い、無駄な動きや筋肉の負担が減って疲れにくくなる、という理屈とのこと。
オリンピックメダリスト多く輩出しているスタンフォード大学のトレーナーが著者ですので、科学的エビデンスは確認済みと思います。

やってみると意外と簡単にできました。
ただ、この呼吸法を無意識にできるようになるには、かなり時間がかかると思います。
アスリートではない私たちには、5秒吸って5秒吐く「IAP」呼吸を、1日1回行うだけでも効果があるとのこと。
これは心強いですね。

 

二行書評 〜もう1行付け加えるなら〜
【「まだ、~でない」と考えよう】

2つ目のポイントは、マインドセットです。
「疲れない体」作りには、「疲れない思考様式」も重要です。

私たちはできない理由を探す天才です。
もう年だから、お金がもっとあったら、もっと時間ができたら、等々「やらない理由」ならいくらでもあります。
でも、「まだ、~でない」と考えることにより、「自分には無理だ」と諦めず「まだ自分には難しい」と、考えを切り替えることにより、「目標に向かって何ができるだろう」と、目標に立ち向かう力が出てきます。

私も、この1行書評のブログを始めるにあたり、ずいぶん悩みました。
「私には文章の才能もないし、本を読む時間もないし、私の書評を読んでくれる人がいると思う思えないし、、、」
でも、
「私には、まだ、わかりやすい文章を書く力は無い」
「私には、まだ、本を読む時間はない」
「まだ、私の書評を読んでくれる人はいない」
と考えるとどうでしょう。

訓練や場数によって、文章はこなれてくるでしょう。
多くの本読む時間はありませんが、すきま時間になら本を読むことができます。
今はまだ、私の書評ブログを読む人はいないかもしれませんが、内容が充実していれば、読者さんがついてくれるかもしれません。

「できない理由」ではなく、「するための理由」が心の中から湧いて出てきます。
心の健康のためにも、この考え方はお勧めです。

旧約聖書を知っていますか

一行書評
【アイヤー、ヨッ】
19歳の春、初めの海外旅行でルーブル美術館を訪問しようと思った時、「聖書物語」という、文字通り聖書を物語風にまとめた本を読みました。
おかげで、ルーブルに数多ある名画の意味を、わずかながら知ることができ、大変感銘を受けたのですが。。。
いかんせん聖書は馴染みのない国、なじみのない名前が多いこともあり、読んだ当初はともかく、しばらくすると誰が誰やらさっぱり分からなくなってしまいました。

そこにこの、「アイヤー、ヨッ」です。
アブラハムに始まり、イサク、ヤコブ、ヨセフと続く、旧約聖書始めの重要人物の系譜なのです。

「アイヤー、ヨッ」に始まり、旧約聖書を大胆に解釈し、わかりやすく料理してくれたのが、本書です。

本書と、同じく阿刀田さんの「新約聖書を知っていますか」と、手塚治虫の「ブッダ」、この3冊は、「セイントお兄さん」の解説書になくてはならない本です。


二行書評 〜もう1行付け加えるなら〜
【明日はオグリキャップが来る】

すぐれた競馬狂には明日のレースがまのあたりに見える時があるものらしい。
と阿刀田さんは書いています。
オグリキャップが来る、その信念がなきゃ駄目だ。全く神がかりみたいに、それがわかるときがあるんだよ。

イザヤという旧約聖書の預言者も、経験的な見聞や知識、そしてこの世界が神の意志によって営まれているという確信、それらが相まって、神の意志が観えるのだ、と。

阿刀田さんはキリスト教、仏教だけでなく、信仰を持たないと書いておられます。
なのでこのような見方が可能だったのではないかと思うのですが、本当はこう言いたかったのではないでしょうか。

神そのものも、「明日はオグリキャップが来る」という人の信念によって生み出されたものではなかったのだろうかと。

嵐が丘

一行書評
【私はヒースクリフです!】

嵐が丘を初めて読んだのは、中学生か、高校生の頃でした。
当時は何が良いのかさっぱりわからず、その前に読んでいた、ブロンテ姉妹の姉のシャーロットの手による、ジェーン・エアの方がずっと面白いと思っていました。
が、大学生になり、ふと再読してみたところ、その圧倒的な激しさに感動し、私の中で1、2位を争う傑作となりました。

前半は、アーンショー家の娘キャシー(キャサリン)と、キャシーの父親がひきとったジプシーの孤児ヒースクリフの悲恋の物語です。
キャシーの父親が亡くなると、ヒースクリフはキャシーの兄に冷遇されます。
キャシーとヒースクリフはとても仲が良いのですが、キャシーはアーンショー家よりも家柄の良いリントン家の息子、エドガーにプロポーズされ、受け入れてしまいます。
その夜、キャシーは物語の語り部である家政婦のネリーに胸の内を語ります。

私はヒースクリフを愛しているが、ヒースフリフと結婚すれば、二人とも乞食になるしかない。
エドガーへの愛はうつろうものだが、ヒースクリフへの愛は地底の巌のように永遠であり、ヒースクリフの魂とわたしの魂は同じ、
私はヒースクリフです!
と叫びます。

男女の愛というより、生まれるときに引き裂かれてしまった一つの魂、とでも言うような結びつきを感じさせます。

I am Heathcliff.
ちなみにこのフレーズ、「みんなで学ぶNHK語学フレーズ ゴガクル」に例文として掲載されているんですね。
https://gogakuru.com/english/phrase/20538
正確な解釈としては、「私はヒースクリフそのものなの。」になるそうです。

 

二行書評 〜もう1行付け加えるなら〜
ヒースクリフの復讐は、完全な裏目に出たかも】

「私はヒースクリフです!」の時点で、物語はまだまだ1/4程度。

キャサリンの告白の前半、ヒースクリフと結婚することは落ちぶれることを意味する、の部分しか盗み疑義しなかったヒースクリフは、出奔します。
それを知ったキャサリンは激しく動揺し、ついには精神に異常をきたします。

それでも数年後にエドガーと結婚しますが、そこに一財産を築いたヒースクリフが帰還します。
ヒースクリフエドガーの妹を誘惑し、結婚、一人息子が生まれます。
キャサリンは、エドガーの娘を生み、息を引き取ります。

ヒースクリフは、かつて自分を虐げた、キャサリンの兄の息子、ヘアトンを召使いのように扱い、自身の子供と、キャサリンの娘、キャシーとを結婚させ、リントン家の財産を掠め取ります。

嵐が丘」に皆で一緒に住み、ヒースクリフの復讐は成就したかに思えるのですが。。。

病弱な息子は死に、未亡人となったキャシーとヘアトンは心を通わせ始めます。
ヒースクリフは、キャサリンの魂が20年間荒れ野をさ迷っていることを知り、キャサリンの魂と一緒になるため、4日間絶食し、絶命します。

結局、ヒースクリフの血は、キャサリンの血と交わることがないのでした。