一行書評

様々な本のエッセンスを、ずばり一行でまとめています。

会社をやめてもいいですか?

1行書評
【会社を辞めてもいいんですね?】

 

会社を辞めて自分の道を進む女性たち。

選んだ道は様々です。

フリーランスや起業、ゲストハウスオーナー、大学院での学び直しや、専業主婦など。

特に印象的だったのは、不妊治療をするために会社をやめた方と、出産を機に専業主婦になった方。

専業主婦VS共働き論争なんてものがありますが、自分で主体的に専業主婦を選び、それに誇りを持っているのなら、他人がとやかく言うことはないのだなと思いました。

私は会社員ですが、会社って辞めてもいいものなのだ、と、勇気付けられる思いがしました。

 

 

二行書評 〜もう1行付け加えるなら〜

【…とはいえ、一家の大黒柱の方は紹介されてないよね】

 

本書は様々な立場の女性に取材しています。

子供がいたり、独身だったり、夫婦二人暮らしだったり。。。

でも、家族持ちの方は皆、一家の大黒柱がパートナーの方なんですよね。

女性の方が家計を支えている例は、ありませんでした。

独身のお一人を除いて、配偶者がメインに稼いでいるような印象を受けました。

ほとんどの女性がパートナーより収入が低いという現実を反映はしていますが、せっかく自分らしく生きる道を選んだ女性を紹介しているのですから、自分らしく、しかも収入もしっかり得ているロールモデルを示して欲しかったです。

そうでなければ、「やっぱり夢と収入はトレードオフなのね」というメッセージを与えかねません。