一行書評

様々な本のエッセンスを、ずばり一行でまとめています。

プレジデント2017年10月2日号

1年も前の雑誌ですが、図書館で借りて読みました。

昔の雑誌で面白いのは、「これからこうなる!」系の記事です。

それぞれの専門家たちが自信たっぷりに未来を予言するのですが、当たっていることはほぼゼロに等しいですね。

「これから日本の未来はこうなる!」「これからこの株が来る!」という煽り記事に強くなりますw

 

一行書評
人類は怠け者だから世界中に広まった】

「場所が買いたい!」などの著作で知られる鹿島茂さんの説です。
流浪の民ロマ族(ジプシー)は、面倒なことが起こるとさっさと移動してしまうそうです。
人間は基本的に怠け者なので、数万年前、アフリカ大陸から全世界へ広がっていったのも、フロンティアスピリットからではなく、「なんだか面倒だから他所へ行こうか」と言う安易に流れやすい性質のせいかもしれないと言うことです。
自己鍛錬、自己規制と言う概念が生じたのも近世に入ってからで、非常に新しい概念なのだとか。

そういえば「サピエンス全史」に続く大作、「ホモ・デウス」でも、人類300万年の歴史の中で、農耕は高々最近の1万年で残りの299万年は狩猟生活であったため、未来という概念はなかったとあります。

今の世の中がなんとなく生きにくいのも、怠け者の私たちの性質に反する生き方をしているからかもしれないと思いました。

 

二行書評 〜もう1行付け加えるなら〜
【数百万円の投資で社長になると言う稼ぎ方があるらしい】

「サラリーマンは300万円で小さな会社を買いなさい 人生100年時代の個人M&A入門」と言う本があるのは知っていましたが、なんとなくうさん臭くて読む気になれませんでした。

現在後継者不足で、黒字経営の会社を、安くても信用できる人に引き継ぎたいと考える社長が増えているそうです。

会社員の副業としては、アルバイト、投資、アフィリエイトくらいしか思いつきませんでしたが、「社長になる」と言う選択肢もあるのかもしれません。