一行書評

様々な本のエッセンスを、ずばり一行でまとめています。

副業図鑑

一行書評
イラストレーターの仕事の進め方が具体的すぎてワロタ】

定番のコンビニ店員やアフィリエイトから、みんぱくやYouTuber、LINEスタンプまで100種類の副業が紹介されているのですが、それぞれの副業紹介の深度が明らかに違います。

例えばせどり等は、普通にせどりのやり方、ツールの紹介、利益見込み、どのくらいの労力がかかるか、仕入れのコツなど、初めて「せどり」という単語を聞いた方向けの説明がなされています。

ですが、イラストレーターの説明になりますと、クライアントからの要望が二転三転するのでやり直しの回数制限や、感触を変更する場合の追加報酬等の細かいルールを決めておいた方が良いと、妙に具体的なアドバイスと、挙句の果てには「クライアントからの要望を鵜呑みにしないこと」とまで言い切っています。
著者の戸田充広さんの経歴をみてみますと、事業失敗による借金返済のため、皿洗いや廃油の回収などの掛け持ちをしながら、イラストレーターの仕事もしていたようです。
思った通り、経験があるからこその言葉だったのですね。